リユース・遺品整理業界で役立つ資格7選

リユース・遺品整理業界で役立つ資格7選

consultation

 

−札幌で正社員の求人をお探しの方はノースジニアス・アール株式会社へ−

 

近頃、テレビやネットニュースで「早期退職の募集」「高度人材のみ募集」といった企業の動きがみられます。

背景には業務のデジタル化などが挙げられますが、従来の年功序列制度や生涯雇用が当たり前でなくなってきている今、ビジネスパーソンに求められているのは「スキルの獲得」や「キャリア戦略」です。

今後、これらを主体的に取り組んでいる人と、何となく勤めて日々の業務をこなすことに留まる人との格差が拡大していく恐れがあります。

本記事では、「スキルの獲得」に焦点を当て、リサイクル・リユース業界で役立てることのできる資格をご紹介します。

こちらで紹介する資格は、当社でも活かすことのできる資格をピックアップしています。

<参考>
加賀珪一. “いよいよ始まった「日本型雇用」の大崩壊…GMOが新卒採用で「高度人材だけを採る」意味”. 現代ビジネス. 2021.12.15. https://gendai.ismedia.jp/articles/-/90385?page=1&imp=0

skillup

■リユース営業士(一般社団法人日本リユース業協会)

概要:リユースショップ営業に必要な知識を備えた人材の育成を通じて、消費者が安心して利用できるリユース市場の形成とリユース業界の健全な発展に貢献します。

試験:「リユースハンドブック」の内容の理解度を問う検定試験を実施

受験料:5,000円(税抜)

 

日本BRAND真贋専門士(株式会社Myblex)

概要:真贋鑑定の根拠を説明できるようになる、新型・スーパーコピーの商品でも自信をもって鑑定できる、ネットの誤情報に惑わされず、判断できるスキルを身につけることができます。

試験:真贋鑑定セミナー受講後の確認テスト

料金:約30万円

 

家電製品アドバイザー(一般社団法人家電製品協会)

概要:家電の販売・営業および接客のプロフェショナルとして、消費者の商品選択、使用方法、不具合対応、廃棄などについてお客様を的確にリードしアドバイスする方々のための資格。

試験:全国のCBT専用試験会場に設置したパソコンで受験

料金:9,400円〜

 

遺品整理士(一般社団法人遺品整理士認定協会)

概要:遺品整理の取り扱い手順や遺品整理に関わる法規制等の知識を、正しく身に付けられます。
また、故人の想いのこもった品々を”供養”という観点から、取り扱い方法について学ぶことができます。

試験:教材に沿ったレポート提出

入会金:25,000円

会費:7,000円

 

終活カウンセラー(一般社団法人終活カウンセラー協会)

概要:社会保障制度や生命保険といった生前の備えから相続やお葬式供養といった死後のことまで、自分の終活ができるくらいの知識が学べます。

試験:筆記試験

受講料:15,000円〜

 

遺品供養士(一般社団法人遺品供養カルチャー協会)

概要:供養に関する知識を学び、深い悲しみを抱えた人をサポートするグリーフケアを知り、遺品整理はもちろんの事、様々な分野で役立てていただける知識を身につけ、次世代へ繋ぐ架け橋の資格です。

試験:筆記試験

受講料:9,900円〜、会員登録料:6,600円

 

生前整理アドバイザー(一般社団法人生前整理普及協会)

概要:協会オリジナルのテキスト「生前整理実践帳」と「生前整理手引き集」を使い、生前整理に関しての考え方や実践の仕方を学日ます。

試験:認定テスト

受講料:21,450円

 

 Shōjō Certificate of merit

当社にも、リユース営業士や遺品整理士、終活カウンセラーの資格を持つスタッフが在籍しています。

他にも関連する様々な資格や講座がありますが、身につけられるスキルや開催している団体、仕事に活かせるかなどをしっかりと吟味してから選択しましょう。

主体的にスキルアップへ取り組み、”時代に取り残されない自分”を目指してみてはいかがでしょうか。

 

⇨ 募集要項はコチラ
⇨ エントリー・お問い合わせはコチラ