SDGsの取組

SDGs(持続可能な開発目標)とは

2001年に策定されたミレニアム開発目標 (MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。

持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています

SDGsイメージ

 

 取組一覧

 


NPOボラギャング様とパートナーシップを結び、学習支援で使用するタブレットのレンタル、および子供食堂運営の支援を行っています。


子供支援活動を行う「セーブ・ザ・チルドレン」へ売上金の一部を寄付。寄付金は緊急・人道支援、保健・栄養、教育、防災など様々な支援へ充てられます。


商品の梱包作業やインターネット出品作業を、一般の会社と相違のない金額で障がい者就労支援へ委託しています。

 


国内で使用されなくなった車いすを回収、修理し、発展途上国へ直接届け、身体にハンディキャップを持つ人々が自分らしく生きること、および社会へ参加できるよう支援しています。


一般家庭や企業内で発生する不用品にできる限り価値を見出し、回収し、最大数市場へと戻すことで廃棄物の発生を削減しています。

 


国内市場へ戻すことが難しい状態の良い家具家電や雑貨を、リユース業者と提携して開発途上国へ輸出し、廃棄物の削減と現地の生活向上へ貢献しています。


一般家庭や企業内で発生した古紙、鉄、木材などの資源を廃棄せずリサイクル業者と連携して再資源化することで、環境への負荷を削減しています。


海外事業を行う業者と提携し売上の一部をカンボジア人労働者によるカシューナッツ栽培活動の支援へ充て、現地の持続可能、および新たな雇用への支援をしています。

 


売上の一部を全従業員への福利厚生費として、毎月北海道内の農家から余っている食品、食材を買い取り、従業員へ無償提供、およびフードロスの削減を行っています。